Seeds to Treesは英語教室ではありません。

絵本や手遊びを通して親子で楽しく英語に触れる場所です。

オンラインなので、場所よりも「時間」と言ったほうが
正しいのかもしれません。

英語っておもしろいな、楽しいなと感じられる、
「はじめの一歩」の場を作りたい。
英語を日本語同じように自分の言葉にするための、「土台」を作りたい。
そんな思いでSeeds to Treesを始めました。

2020年度から小学3年生、4年生で外国語(英語)活動、
小学5年生、6年生は外国語(英語)を教科として導入されています。
英語教育への関心は今まで以上に高まっており、
昔からある英語塾に加えて、おうちで学ぶ英語教材、
英語ネイティブの講師との英会話教室やオンライン英会話、
お迎えシッターなど、
英語を学ぶ手段が本当に沢山増えました。

英語の習い事、何かやってみようかな〜と見たものの、
多すぎて何が合うのかわからない
そして、高い!!!
入会金もあるし、教材費もあったりなかったり…だけど高い…。
この先どれくらい続けることになるのか、飽きたら?やめたくなったら?
悶々として考えていました。。。

「あれ?同じような気持ちの人って多いのかな?」
「色々ありすぎて悩む人も多いんじゃないかな?」
「もっと気軽に英語って触れられるべきじゃないか?」
(私の考えですが、日本って英語を特別扱いしすぎかと)

もっと気軽に親子で楽しく英語に触れて、
日本語にはないこんな音、リズムがあるんだ〜、
違う国にはこんなおはなしや手遊びがあるんだ、
英語っておもしろいな、楽しいな
と感じられる、「はじめの一歩」の場を作りたい。
英語を楽しんで、
日本語のように自分の言葉にできる「土台」を作りたい。

このおはなし会のゴールは親子で英語を楽しむことです。

アメリカの幼稚園で取り入れられている手遊び等を取り入れ、
ご参加いただいている親子の皆さんにとって
特別な時間になるよう取り組んでいます。

是非一度、おはなし会に参加してみてください。
ご予約は予約ページよりお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です